文学者たちの痕跡

忘却されつつある文学者の闘争について書きとどめておきたいと思います。

転換期に生きる― 『復興期の精神』花田清輝

花田清輝は戦時中に『復興期の精神』を書き綴っていた。ただ戦時中とは思えないほどレトリックを巧みに使ったオシャレな本で‟転向”や‟精神”などに対する懐疑を表現しているが検閲にひっかかることはほぼなかった。

彼自らを16世紀のルネッサンスの時代コペルニクスになぞらえていた感がある。コペルニクスは地動説(太陽中心説)を守り抜いたがその状況というのは過酷に違いなかった。進歩派(ルター)と保守派(レオ10世)のはざまで両者の均衡上でこの説を強化しながら彼らが弱体化したときに前面に出るといった策を持っていたという。ルターは「メシアが止まれといったのは地球ではなく、太陽だ」といってその程度のことは当然だと歯牙にもかけぬ態度であしらい、教皇レオ10世は本心では信じてはいなくとも好奇心旺盛でそれを数学・天文学的に証明してくれと求める。同じ説を持っていてもブルーノは焼身刑に遭い、ガリレイは拷問を課された。華々しい殉死にひとはロマンをみるが、コペルニクスは大衆の目に触れることなく孤独な闘争をし続けたのだ。ルネッサンスの巨匠が<神/人間>の狭間で生きたのに対し、花田ら戦時中の知識人は<天皇/民主>の葛藤を抱え生きていたのではないだろうか。

 

この本の中には「楕円幻想」というエッセイがある。殺人、強盗、恋愛、飲酒に明け暮れた15世紀フランスの詩人ヴィヨンについてだ。分裂した価値、敬虔と猥雑を保ったまま見事な楕円を『遺言詩集』という作品に描き切ったといっている。私たちは無知のため、あるいは見て見ぬふりで一つの中心のみに集中してきれいな円を描くことはできる。しかしそこに誠実さはない。同時代のよく似た作家マルグリットも‟堅固な信仰”と‟放恣な肉欲”を描いてはいるがそれはエッセイごとでの使いわけだと花田は拒絶する。彼女は2つの焦点の解消、焦点と中心の一致を求めていたのだと。それに対してヴィヨンと同様、コペルニクスは改革のルターともレオ十世とも適度な距離を取りながら上手く付き合い続けたという。しかしそれは彼が折衷派の権謀術数に長けた暗い男だと一蹴するのではなく、一流に信念を固持し闘争をつづけた故というのだ。ブルーノのパッションは本気で闘争する気のないことを示しているのに対し、コペルニクスは本気で守るべきもののために両派の対立を長期にわたって釣り合わせいつか自滅を待っているというのだ。

 ややもすれば分裂症で参ってしまいそうな花田自身は、懸命に民主主義と軍国主義の相関関係を捉えこの『復興期の精神』を見事に書きあげた。柄谷行人吉本隆明はそれに批判的だがそれについては別の機会に論じたい。